歯科でのヘルペス治療

 

ヘルペスは誰にでも起こり得る症状であり、その要因も様々に存在します。その原因として食生活やビタミン不足・睡眠不足など他にも様々に存在しますが、その一つに口腔内のストレスが存在します。口腔内の組織は舌・歯・歯茎・口唇など他にも様々な組織で構成されており、常に流動的に動いています。その動きは組織が上手く連動することでスムーズに進んでいますが、一部がずれるとそれが叶わなくなるため、ストレスに至ります。その治療法の一つに歯科での歯の矯正があります。歯の噛み合わせは歯ぎしりや咀嚼の障害にもなりやすく、それを代償して口腔内への負担にもなりかねません。それが効か毛でヘルペスを発症する方も多いため、歯科で歯の矯正を行うことが治療法の一つとも言えます。また虫歯など痛み・刺激もヘルペスの要因にも繋がりかねません。そのため、日ごろの口腔ケアや管理を十分に行うことが予防の1つにもなります。しかし実際に虫歯になった時は無理に我慢するよりも早期に歯科で治療を行うことがヘルペスの改善になります。ヘルペス自体は非常に身近な病気でもあり、自然に治る方もいるため、放置されることも多いです。しかし中には放置することで重症化するケースもあるため、早期の取り組みが必要となります。